スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

スプレー購入...

brakingx.jpg


ブレーキキャリパー黒塗り決定『Bra-King X』、色も決まったということで塗料購入です。

スーパーオートバックスへ。

アンチラストペイントという製品名でHoltsの自動車補修用塗料が何十色も揃っていて、ちゃんと色見本帳まで設置されています。とりあえず“黒メタ”としか決めていなかったので、色見本観ながら品定め・・・・・・。

“ギラっとメタリックが輝く漆黒を”と思って探すのですが実際のトコロ、該当しそうなのは軽自動車や80年代以前の旧車のものばかり。折角ですから色くらいチョット高級を気取りたいものです(笑) ところで最近のクルマ、特に高級車の黒はパールやマイカといったメタリックより細かい粒子を用いたカラーが主流のようですね。こういった色は色見本で確認してみても、やっぱり“ギラッ”とはしていません・・・・・・。

そんなことを考えながら最後に候補に残ったのが、メルセデスの“ブルーブラックM”とBMWの“ダイヤモンドブラックM”。高級車系の色でギラッとした色はこのくらいだったのです。結局違いも分からず、ネームバリューでベンツの黒を選んだのです・・・・・・。

・・・・・・そして塗装当日、なぜか塗装する色のことが気になります。気になりすぎて朝早くに目が覚めてしまいました。ということで、ネットで“ブルーブラック”のベンツの画像を検索してみます・・・・・・。

実際見てみると、ブルーブラックMって全然黒くないんデス、イメージしてた色と違うんです(こんな感じ)探す画像探す画像こんな感じ(泣) ひょっとして、と思いBMWのダイヤモンドブラックMも検索してみると、コレまた微妙な色。“真っ黒”って感じじゃないんです・・・・・・。

そこで気付きました。“真っ黒”な“メタリック”ってなかなか無いんだと。メタリック粒子が黒さを邪魔するんでしょうね、きっと。最近の高級車の黒にメタリックが減ってるハズです。とんだイメージ違いでした。

ということで急遽代替色の検討デス。あれこれ考えて、結局VW乗りには馴染みの“ブラックマジックパールエフェクト”にスイッチすることに。ということで、ブルーブラックのスプレーと購入レシートを握りしめて、朝からオートバックスへ返品交換に走ったのでした・・・・・・。

最後に、今回の体験から学んだ教訓を。

① 色を決めるときはゆっくり計画性を持って。
② 自動車用の色って、実はちょっとくすんだ色が多い(小物には不向き?)
③ 色見本は色み判断には使えない。
④ 自動車用の色使うなら、事前に実車の塗装色を確認しませう。



・・・・・・ふと気付いてみれば、“ギラッとしてねぇ”(涙)

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

comment



管理者にだけ表示を許可する



trackback

http://verywindow.blog27.fc2.com/tb.php/268-90fc49d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロも使用している本格2液性ウレタン塗料!!深く美しい光沢と強靱な塗膜で最高級のクリアー仕上げができます。美しい映りこみには驚くばかりです。使いきりタイプ。プロも使用している本格2液性ウレタン塗料!仕上がりが違う!!・・ スプレーペイント・スプレーで描くア

| 2007-08-15 | 

 | HOME | 

V-DUB Xtreme

ads

Check it out!







Search!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。