スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

オーディオをシンプルに
20080927_1.jpg

ゴルフ3には意外と立派なオーディオが装備されています。

ゴルフ3は贅沢にも、前後左右計4箇所すべてにトゥイーターとミッドバスを独立させたセパレート2wayスピーカーを奢った“8スピーカーシステムを採用。
(ちなみににヘッドユニットはCDチェンジャーコントロール機能を内蔵したAM/FMオートリバースカセットデッキ)
さらにウチのクルマには、ディーラーオプションと思われる6連装CDチェンジャーも装着されていました。

しかし、カセットデッキのボリューム調整が気まぐれにしか機能しなくなったうえ、昨年ついにCDチェンジャーがお亡くなりになりました・・・。

黒バンパー&手巻きウィンドウなウチのクルマにはちょっと分不相応な豪華装備だったのでしょう(笑)

というワケで、“パワーウィンドウ撤去(手動化)” “パワーアンテナ撤去(固定化)”に続き、オーディオをシンプルにしてみました★

-----------------------------------------------------------------

音源はiPodに一本化。

↓ iPod classic 160G + belden 8412 Y-cable
20080927_2.jpg
接続はiPod専用アダプタなどではなく、3.5mmミニプラグを介した単なる業務用マイクケーブル

もうCDもカセットも聴かないので、ヘッドユニットは単なるラジオに変更です♪

↓ SOUNDSTREAM Tuner-Preamplifier STP480改
20080927_3.jpg
地味なフェイスが質素なゴルフのインテリアによく馴染んでいます(笑)

このラジオ、シンプル過ぎてパワーアンプの機能もありません。
なので、パワーアンプを別途追加しました。

↓ SOUNDSTREAM Dual-Monoral Amplifier D200II
20080927_4.jpg
走りのミッドシップマウント♪

前後左右8箇所のスピーカー群は、片側1箇所、左右計2箇所に集約デス

↓ MB Quart PCE216 (coaxial mount)
20080927_5.jpg
アミアミ越しにトゥイーターとミッドバスが見えます♪

-----------------------------------------------------------------

・・・そして音はというと。

スゴイです☆

“音楽そのもの”がこれまで聴いてきたものと全く別モノに聴こえます(驚)

もはや純正オーディオとは比べるすべもありません。

-----------------------------------------------------------------

・・・実は機材はオークションなどで集めた中古品や並行輸入品など低価格なものばかりなのですが、インストールはプロにお願いしました。
(お願いしたのは、今回用意した機材メーカー(サウンドストリーム)に造詣の深いエム・トゥレイスさん)

やっぱりプロってスゴイですね。
カーオーディオって手工芸品だなぁとしみじみと感じました。

夫婦ともども大満足、ドライヴがますます楽しくなりそうです♪

20080927_6.jpg
スポンサーサイト

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

【比較】 ロードサービスで選ぶ自動車保険
20080920.jpg

先日のパンク事件の際、単なるパンクにも関わらず積車呼んでクルマ屋サンまで搬送してもらうという何とも贅沢な対応となったワケですが、コレは自動車保険のおかげであります。

実はこんなコトもあろうかと思い、前回の更新の際、数年続けていた三井ダイレクトからチューリッヒに契約先を変更していたのです。

契約先変更のポイントは“車両トラブル時のサービス”
最近は保険会社も各社ロードサービスの充実を売りにしていますが、そのサービス内容は会社によっていろいろ違いがあるようです。各社“レッカーサービス”“帰宅・宿泊支援”“カギ開け”など似たようなサービスをラインナップしていますが、細かく見てみるとその内容は「この会社すげー」とか「意外と使えね~」とか想像以上のバラツキが見られるモノです(驚)

というワケで、主要保険会社各社のロードサービス内容をいろいろ比較してみましたのでその内容をこのあと載っけておきたいと思います★

ちなみにチューリッヒは、以下のような方には特にオススメであります。

○ いつ、どこで止まってもおかしくないクルマに乗っている
○ 入庫するなら専門店にお願いしたい
○ 大きな声では言えないモディファイにより、ディーラーに入庫できない(笑)
○ いつトラブルが起きてもおかしくない状態ながら、遠方へのドライヴの機会が多い
○ 全国各地にお願いしてみたい専門店がある(笑)
○ 林道とか、落輪の可能性の高そうな道に練習に行く
○ キーをよくなくす(笑)
○ とにかくトラブル時の出費を最小に抑えたい


ロードサービスをベースとして自動車保険を選んでみると、これまたなかなかおもしろいモノです。
各社一長一短ありますので、いちど保険会社を再考してみるのもオススメです。




↑ ココならチューリッヒ含めた一括見積が可能です ↑
(意外とチューリッヒが対象に入っている一括見積って少ないんです・・・)




事故より盗難よりなにより機関トラブルが切迫したリスクである旧車乗りなら、自動車保険の選び方もちょっと変わってくるかもしれませんね♪

----------------------------------------------------------------------

■ 自動車保険5社 ロードサービス内容比較
(チューリッヒ/アクサダイレクト/ソニー損保/アメリカンホーム/三井ダイレクト)※ 2008年9月20日現在/詳しくは各社ホームページをご確認ください

1.トラブルにより自走不能になった場合のサービス

1-1.レッカーサービス

【a_チューリッヒ】

自身が指定する修理工場など
100kmまで無料
※ 走行不能時

【b_アクサダイレクト】

最寄の修理工場まで
○ 25,000円を限度に支払
※ 事故・故障による自力走行不能時
<契約2年目以降のみ>
○ 保険会社指定の最寄の修理工場まで
○ 距離制限なく無料

【c_ソニー損保】

○ 最寄の修理工場または自身が指定する工場へ
35kmまで無料
※ 外出先での事故・故障による自力走行不能時

【d_アメリカンホーム】

協力会社の指定工場まで
○ 無料
※ 自身が指定する修理工場の場合は10kmまで無料
※ 自力走行不能時

【e_三井ダイレクト】

○ 最寄の修理工場まで
10km(実走距離)以内無料
※ JAF会員は15km以内無料
※ 車が動かなくなった場合


【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求!

1-2.陸送サービス

【a_チューリッヒ】

○ 修理完了車両を自宅まで搬送
○ 搬送費用全額支払
距離制限なし
○ 自身で引取の場合は修理工場までの片道1名分の交通費を支払

【b_アクサダイレクト】

○ 修理完了車両を自宅または旅行先まで搬送
50,000円を限度に搬送費用を支払
○ 自身で引取の場合は修理工場までの片道1名分の交通費を50,000円を限度に支払

【c_ソニー損保】

○ 修理完了車両を自宅まで搬送
○ 搬送費用全額支払
距離制限なし
○ 自身で引取の場合は修理工場までの片道1名分の交通費を10,000円を限度に支払

【d_アメリカンホーム】

(サービスなし)

【e_三井ダイレクト】

○ 現地での修理完了車両の搬送を手配
50,000円を限度に支払
※ 車が動かなくなり現地で修理をした場合
現場が自宅から50km以上の遠方の場合のみ


【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求!

1-3.レンタカー

【a_チューリッヒ】

○ 24時間までの基本料金を支払
※ 現場で緊急に代車が必要な場合

【b_アクサダイレクト】

○ 1日あたり15,000円 2日間まで支払
※ 事故・故障により車が6時間以上使用不能時
<契約2年目以降のみ>
○ 1日あたり25,000円 2日間まで支払

【c_ソニー損保】

○ 24時間までの基本料金を支払
○ トラブル現場からレンタカー営業所まで、営業所から自宅までの交通費も支払
○ 自宅(目的地)近くの営業所に返却した場合の「乗り捨て料」も支払
※ 外出先での事故・故障による自力走行不能時

【d_アメリカンホーム】

(サービスなし)

【e_三井ダイレクト】

(サービスなし)
<契約2年目以降のみ>
○ 12時間まで無料
※ 事故・故障地で当日または翌日利用の場合のみ
※ ガソリン代・乗り捨て費用は対象外
※ 車が動かなくなった場合
※ 現場が自宅から50km以上の遠方の場合のみ


【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求!

1-4.帰宅支援

【a_チューリッヒ】

○ 帰宅に要した交通費を支払
○ 搭乗者人数分(乗車定員上限)
費用限度額なし

【b_アクサダイレクト】

○ 旅行継続または帰宅の交通費を支払
1名15,000円まで支払
※ 事故・故障により車が6時間以上使用不能時
<契約2年目以降のみ>
○ 1名25,000円まで支払

【c_ソニー損保】

○ 自宅までの交通費実費を支払
○ 車検証記載の定員数まで
費用限度額なし(最も合理的な交通手段で)
※ 外出先での事故・故障による自力走行不能時

【d_アメリカンホーム】

(サービスなし)

【e_三井ダイレクト】

○ 当日または翌日の帰宅費用を支払
○ 搭乗者人数分(乗車定員上限)
○ 1名15,000円を限度に支払
自宅から50km以上の遠方だった場合のみ


【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求!

1-5.宿泊支援

【a_チューリッヒ】

○ 当日1泊の宿泊費用を支払
○ 搭乗者人数分(乗車定員上限)
※ 現場から当日の帰宅が困難と判断された場合

【b_アクサダイレクト】

○ 宿泊費1名1泊15,000円、2泊を限度に支払
※ 事故・故障により車が6時間以上使用不能で、現地で修理完了まで待機する場合
<契約2年目以降のみ>
○ 宿泊費1名1泊25,000円、2泊を限度に支払

【c_ソニー損保】

○ 最寄のホテルの宿泊費用を支払
○ 車検証記載の定員数まで
費用限度額なし
※ 外出先での事故・故障による自力走行が不能で目的地への移動が困難な場合
ホテルは保険会社指定

【d_アメリカンホーム】

(サービスなし)

【e_三井ダイレクト】

○ 当日の宿泊費用を支払
○ 搭乗者人数分(乗車定員上限)
○ 1名10,000円を限度に支払
自宅から50km以上の遠方だった場合のみ


【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求!

1-6.その他旅行支援

【a_チューリッヒ】

○ 車の事故・故障により生じた、宿泊施設・旅客輸送サービス・旅行契約のキャンセル費用を支払
○ サポート利用1回につき総額50,000円まで

【b_アクサダイレクト】

-

【c_ソニー損保】

○ 宿泊先から契約車両を運転して到着する予定だった目的地までの交通費実費を支払
○ 車検証記載の定員数まで
○ 費用限度額なし(最も合理的な交通手段で)
※ 帰宅費用サポートを利用しない場合

【d_アメリカンホーム】

【e_三井ダイレクト】


【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求!


2.トラブルにより応急処置が必要になった場合のサービス

2-1.カギ開け

【a_チューリッヒ】

○ 閉じ込み時の開錠無料
キー紛失時の現場でのキー作成無料
※ キー作成業者の手配ができない場合はレッカーサービス手配

【b_アクサダイレクト】

○ 開錠
○ 25,000円を限度に支払

【c_ソニー損保】

○ キー閉じ込み時の開錠無料

【d_アメリカンホーム】

○ キー閉じ込み時の開錠無料
※ 特殊作業(ピッキングガン・スコープ使用等)は自己負担
※ キー紛失時の移送費用は自己負担
※ キー作成費用は自己負担

※ ドア以外の開錠は自己負担
※ 現場で開錠ができない場合はレッカーサービス対応

【e_三井ダイレクト】

○ 開錠無料
※ セキュリティ装置付は対象外
※ スペアキー作成は対象外


【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求!

2-2.落輪

【a_チューリッヒ】

○ 落輪タイヤ本数に関らず無料
※ 落車は対象外

【b_アクサダイレクト】

(サービスなし)

【c_ソニー損保】

○ タイヤ1輪まで無料
レッカー車1台で対応可能なもの

【d_アメリカンホーム】

○ タイヤ1輪まで無料
※ ウインチやクレーンを使用した作業は自己負担
※ 2輪目以上の引上げ作業は自己負担
※ 乗り上げの引き下ろし作業は自己負担

【e_三井ダイレクト】

○ 落輪引き上げ
20,000円を限度に支払
※ 転落は対象外


【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求!

2-3.ガス欠

【a_チューリッヒ】

ガソリン10ℓまで無料

【b_アクサダイレクト】

※ ガソリン代は自己負担
<契約2年目以降のみ>
○ ガソリン代10ℓまで無料
○ ハイオク可
※ 年1回のみ

【c_ソニー損保】

※ ガソリン代は自己負担
<契約2年目以降のみ>
○ ガソリン10ℓまで無料

【d_アメリカンホーム】

※ ガソリン代は自己負担
<契約2年目以降のみ>
○ 10ℓ程度の燃料補給が無料
※ 軽油・レギュラー・ハイオク

【e_三井ダイレクト】

○ 10ℓのガソリンお届け
※ ガソリン代は自己負担
<契約2年目以降のみ>
○ ガソリン10ℓ無料


【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求!

2-4.タイヤ

【a_チューリッヒ】

○ パンク時のスペアタイヤ交換無料
○ ボルト増し締め無料

【b_アクサダイレクト】

○ スペアタイヤ交換/タイヤ周り点検無料
○ ボルト締付け無料
<契約2年目以降のみ>
タイヤ補修費用(補修できない場合は新品タイヤ購入費用)を支払
○ 年1回、15,000円を限度に支払
※ 走行中の事故やいたずら被害などでタイヤがパンクし自力走行が不能となった場合

【c_ソニー損保】

○ パンク時のスペアタイヤ交換
○ ボルト増し締め

【d_アメリカンホーム】

○ スペアタイヤへの交換無料
○ タイヤ補修剤による応急処置
※ タイヤ補修剤実費は自己負担

【e_三井ダイレクト】

○ スペアタイヤへの交換無料


【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求!

2-5.その他ロードサービス

【a_チューリッヒ】

○ 対応可能な応急処置無料
時間制限なし
エンジンオイル代・冷却水代・バルブ代無料

【b_アクサダイレクト】

○ 30分程度の緊急修理サービス無料

【c_ソニー損保】

○ 30分以内の作業無料
<契約2年目以降のみ>
○ エンジンオイル代・冷却水代・バルブ代無料

【d_アメリカンホーム】

○ 30分程度の軽作業無料
※ 部品等が必要な場合はその在庫がある、または調達可能な場合のみ対応
部品代は自己負担
<契約2年目以降のみ>
○ エンジンオイル代・冷却水代無料

【e_三井ダイレクト】

○ 現場で対応可能な30分程度の簡易作業無料
チェーン脱着対象外


【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求!


【参考】自動車保険 ロードサービスの充実度ランキング (goo保険)

【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求!

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

LM703 195/40R17
20080913_1.jpg

GWの思わぬトラブルで前輪のタイヤ2輪を交換したのですが、その後ほどなく後輪も交換しました。

【交換前】 DUNLOP LE MANS 702 - 205/40R17
【交換後】 DUNLOP LE MANS 703 - 195/40R17

同シリーズの後継モデル、タイヤ幅が1cm狭いサイズへの変更です。

----------------------------------------------------------------

購入はタイヤ&ホイール館フジ スペシャルブランド横浜店
(↓商品ページへのリンクです)



100万超のタイヤ・ホイールセットを筆頭に多くの商品が並ぶ高級感溢れる店舗とは裏腹に、価格は有名カー用品量販店より数千円/本も安い、なんともお得感の高いショップであります。

----------------------------------------------------------------

そして交換してからのインプレッション。

① タイヤのフェンダー干渉が劇的に減少
これまでもフェンダーツメ折りなどで対策をしていたのですが、今回のタイヤ交換で高速道路での干渉が、バンプ時含めほとんど皆無となりました。タイヤ幅1cmの差は偉大です。

② ロードノイズが激減
同シリーズ後継へ、しかも比較的低価格なルマンというコトで何も期待していなかったのですが、タイヤを交換してすぐ夫婦揃って「すごく静か」と。まるで高級車に乗り換えたかのような激変ぶりです。車内に響くのはエンジン音とマフラー音だけ、これまで意外とタイヤがノイズを発していたんだなぁと改めて認識した次第であります・・・。

LM703はタイヤの内側に「特殊吸音スポンジ」なるものが貼られていて、これがイイ仕事しているようデス♪
20080913_2.jpg

特に17インチ履きのゴルフ3乗りな皆サマにはオススメの一品デス★

----------------------------------------------------------------

・・・そんなご機嫌も束の間、タイヤ交換から2週間ほどでまたトラブルに見舞われます。
川崎の扇島に動画撮影に行った帰りのコトです・・・。

パンクです。

軽量化を気取ってテンパー下ろしてパンク修理剤を積んでいたのですが、よくよく説明書を読んでみると、

○ 使用前にパンクの原因となるものを取り除くこと
○ タイヤの接地面以外の穴・サイド面の穴には効果がない

とのコト・・・。

すでに陽も落ちパンク原因の特定・原因除去も難しそうだった(っていうかメンドクサかった)ので、保険屋さんに積車呼んでもらってスーパーオートバックスかわさきに。

どうやら金属製の棒が刺さっていたようで、とりあえずパンク修理にて対応・・・。

↓刺さっていた異物
20080913_5.jpg

ただ修理担当の方から「いちおう直しましたが、異物がナナメに刺さっていたのでちゃんと修理できているかわかりません。タイヤ交換をオススメします」との忠告(泣)

そんなコトを言われると、内側に貼ってある特殊吸音スポンジにも何か影響があるのではなどという不安もよぎります。

というコトで再度フジさんにてタイヤ交換(大泣)

----------------------------------------------------------------

・・・取り付け後100kmそこそこでお役御免となったLM703を観察。

↓ココがパンク修理部分。
20080913_3.jpg

↓修理部分をウラから
20080913_4.jpg

当初「異物が刺さって、スポンジが大きく剥離したりしていないのだろうか」との不安もありましたが、意外と普通に直っているように見受けられます。コレだったら交換の必要なかったかなぁ・・・。

----------------------------------------------------------------

まぁ、今は不安もなく極めて快調なのでヨシとしましょう。
LM703、ステキです★


※ こんなトラブルの代償として編集されたのが、先日の『CLi Kawasaki』であります(苦笑)

↓ヨメ版(奇しくもパンクした右リア大フィーチュア)

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

 | HOME | 

V-DUB Xtreme

ads

Check it out!







Search!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。