スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

スライドプーリーや車高調~年末整備その他
20090118_1.jpg

先日の水温問題への手当てとしてファンSW/サーモ/クーラントを交換した際、あわせて主治医にいくつかの整備を行っていただきました(もう昨年のハナシではありますが・・・)

① タイミングベルト交換・スライドプーリー装着

まず、水温問題の影響からかヘッドから異音が聞こえていたのですが、見ていただいたところタイミングベルトがダメになっているとのコトで交換していただきました(一昨年の年末に交換してちょうど一年の命でした(泣))やはり高温環境がゴム系パーツに悪影響を与えていたのかもしれません・・・。

そしてタイミングベルト交換というコトで、あわせてカムスプロケットをAUTOTECH製スライドプーリーに交換していただきました。

実は水温問題に頭を悩ませてながら、ハイカムを何のセッティングもせずにポン付けしたのが良くなかったのではないかと思い、すこしでも手軽に何か調整が可能なパーツがないかと思い、このパーツをオークションで落札していたのです。

吸気工程・排気工程を比較的キッチリ切り分けるようなバルブタイミングを採っているノーマルカムには必要ないようですが、 バルブオーバラップを大きく取って高出力化を狙っているハイカムを導入している場合は、エンジン回転数およびバルブタイミングによって変化する流体の慣性力をどの領域で“おいしく”使う(逆にいうとどの領域を犠牲にするか)をセッティングするためにこのスライドプーリーは重要なパーツのようです(シングルカムのウチのクルマでは、オーバーラップ自体は調整できないようですが)

20090119_2.jpg

スライドプーリーは軸受部分と歯車の接合部分が長穴になっていて、この固定位置を変えることでピストン運動に対するバルブ開閉タイミング(バルタイ)の調整を行うことができるようです。ちなみに今回装着したプーリーは-4~±0~+4まで9つのねじ穴が開いていて、そのいずれかの穴にネジを差し込むことで、デジタル的に9種類のタイミングが選べるようになっています。

・・・というパーツなのですが今のところの設定は±0、つまり普通のスプロケと同じ状態で装着されています。というワケでこのパーツ自体の効果はまだ全く味わっておりません(なにぶん手元に六角レンチがなく・・・w)

ただ、エンジンルームに赤いアルマイトのパーツが加わったコトで、ちょっとエンジンルームが華やかになりました (ちなみにタイミングベルトカバーは、このプーリーつけると干渉してしまうようだったので、半田ごてとニッパー、紙やすりで穴あけちゃいました☆)

このプーリー、セッティング次第でかなり特性が変わるようなので、これからが楽しみです♪


② スノータイヤ装着・車高調整

20090119_3.jpg

年末年始の積雪地域への帰省に加え3月に車検を控えていることもあり、タイヤを14インチのスノータイヤに交換の上、車高も正しい高さ(笑)に調整してもらったのですが、この作業が随分難儀したようです。

前回の車検以来の車高調整だったのですが、車高調のお皿のネジが錆で固着してしまったらしく、ぜんぜん回らなかったようです。どんなに力を入れて回してもダメ、挙句の果てにはお皿といっしょにシェルケースが回り始めてしまうという大惨事だったそうで、結局5日間ほどかけて潤滑剤を浸透させながらなんとか回していただいたようです。(パンタで上げての車高調整なんてちゃんちゃら無理そうですね)

聞くと下回りにちらほら錆が見られたとのコトで、どうやら昨シーズンの帰省の際に道路にまかれていた凍結防止剤が良くなかったようです(いちおう帰省後にスチームで軽く下回りは流したのですが・・・)

今回も雪の中の帰省だったので、ちょっと不安の残るトコロであります・・・。
凍結防止剤ってコワイですねぇ~。


・・・というワケで、今回も結構いろいろ整備してもらっちゃいました。
これでまた安心してクルマに乗れそうデス☆
スポンサーサイト

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

謹賀新年~水温対策その後
20090103_0.jpg


昨日夜、まる1週間、総距離1,000km超に及ぶ帰省行脚より帰ってまいりました。
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

旧年中もいろいろな方にお世話になり、ありがとうございました。
今年も相変わらずマイペースな1年になりそうですが、よろしければまたお付き合いいただければ幸いです・・・。

さて、今回は帰省旅行を前にお願いしていた クルマの整備 のインプレッションでも・・・。

ハイカムに交換してから、アイドリング時に水温が100℃くらいまで上がってしまう」という問題の手当てとして、とりあえず①ファンスイッチ交換 ②サーモスタットを87℃⇒82℃(GTI用)に交換 ③クーラント交換をお願いしていました。

結果、水温挙動は大きく変化しました。

【対策前(ハイカム交換後)】
しばらく定速で走行すると90℃強で安定するものの、アイドリング時・停止時に水温が100℃程度まで上昇。

【対策後】
基本的に80℃強で安定。ただ渋滞時などは90℃弱まで上昇。


・ベース水温の大幅な変化はローテンプサーモによる功績が大きいようです。サーモ開弁設定の5℃差はそのまま水温ベースを下げる効果に繋がっているように思われます。

・ファンSWの作動も若干狂っていたようでコチラの交換も水温低下に功奏しているものと思われます。停止時の水温変化も以前に比べ穏やかになったように感じられます。今回整備いただいた主治医からも「ファンの作動タイミングが明らかに早くなった」とのコメントをいただきました。

・一方、水温変化は緩やかになったものの走行時と渋滞時ではあいかわらず10℃弱の水温差が見られるようです。これはハイカム交換前には見られなかった挙動であります。コチラは、やはりハイカム交換によるバルブタイミングの変化(オーバーラップの増加)が、低回転時と高回転時との燃焼挙動差を生んでいるのではないかと考えざるを得ないように思われます。

ちなみに走行中の水温は水温計で見ると目盛りの真ん中よりはかなり低い側ということで、逆に「オーバークール?」なんて思ったりもしたのですが、いろいろなサイトを見てみると80~90℃のレンジというのは割とイイ感じの水温レンジのようです。

今回の帰省1000kmでも、低域から高域まで割とフラットなトルク特性になって非常に乗りやすくなったような感じがしました。また、燃費も高速で14km/l超、高速・一般道半々で12km/l後半(すべて満タン法)とイイ感じで推移しています。(もっともスタッドレスタイヤ交換・その他整備なども行っているので、単純な比較はできませんが)

まぁ、何より水温計が右側に振れなくなったのは精神衛生上とても良いコトであります。おかげで昨日の渋滞まみれ名古屋⇒横浜間300km7時間ドライヴもとても快適に走りきることができました。

新年幸先イイ感じデス★

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

不運な荷物~水温対策
20081214_1.jpg

先日書かせていただいた困った水温挙動の件、アドヴァイスをいただいた皆さま、ありがとうございました。
とりあえず、正攻法で水温制御系(ファンスイッチ,サーモスタット)から手当てしてみようかと。

で、とあるOEM部品取扱店のホームページに“純正より5℃低い82℃で開弁する”というサーモスタット(GTI用を流用するとローテンプ化するっぽい)が格安で紹介されていたので、今回はこちらのオンラインショップでファンスイッチとともにこのサーモスタットを発注してみました☆

【不運①:発注】

発注したのが11月29日(土)。

すぐに「再度在庫および送料等のメールをしますので・・・」という旨の発注確認メールが届いたあと、なかなか連絡がありません。

翌週火曜日に確認メールを打つも返信なく、水曜日に電話してみても「確認します」の回答のあと再び連絡なく、木曜日に別アドレスで連絡した後、5日の金曜日にようやく普通に在庫確認・振込請求のメールが届きました(苦笑)

先に電話をした際の話によると、どうやら発注メール受信が会社のPC・先方の自宅PCの間で混乱してしまって処理されないままになっていたようです(不運)

おかげ6日の土曜日に予定していた交換作業は延期せざるを得なくなってしまいました(泣)

【不運②:発送】

上記のメールを受けて8日の月曜日に振込すると、今度は早速当日中に「定形外郵便にて発送しました」との連絡(安心)
1都3県内での発送ながら郵便だからちょっと時間かかるかなぁとは思っていましたが、火曜、水曜、そして3日後の木曜日になっても荷物は届きません・・・。
ちょっと不安が頭がよぎるも、翌日12日の金曜日にようやく荷物が到着しました。

届いた茶封筒には白い紙が張られていました。
20081214_2.jpg

「この郵便物は、取り扱い中に誤って傷めてしまいました。」
「補修の上お届けさせていただきますので、何とぞご容赦のほど・・・」
とあります。

封筒の裏を見てみると・・・
20081214_3.jpg

一生懸命セロファンテープで“補修”されていました(苦笑)

肝心の部品はダンボール箱に納められていたので全く問題はありませんでしたが、何とも運のない荷物です。

ちなみに届いたダンボール箱はこれらの部品がアジア製であることをアピールしていますが、“やっぱりアジアンは粗悪品でした”なんていうオチにだけはなってほしくないモノです。

一連の不運が今後の厄払いとなっていることを願うばかりであります・・・。

・・・で、これらの到着パーツを携えて昨日主治医のトコロにクルマを持って行きました。
ファンスイッチ・サーモスタット・クーラント交換に加えて、年末の帰省・来年3月の車検に向けたスノータイヤへの交換・車高調整、そしてあともうひと作業をお願いしてきました。

さて、どうなることやら。

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

水温
20081115_1.jpg

今日は水温の悩み。

以前にウォーターポンプ初期不良対策としてウォーターポンプを良品に交換した際に、合わせてタイミングベルト・サーモスタット交換およびハイカム導入を実施したのですが、それ以来ウチのクルマ、水温の動きが不穏なのです。

上記の作業以降に変わった主な挙動は、以下のとおりです。

○ エンジン始動後、暖気を続けると水温が100℃前後に上昇 (以前は90℃で安定)
○ 市街地での“走行時”は95℃前後で変動
○ 信号待ちなど“停止時”は100℃前後まで上昇
○ 高速道路などの“巡航時”は90℃付近で安定


つまり、水温がアイドリング時に高くなってしまっているようなのです。

さらに先日、上記挙動に加えて以下のような現象を確認しました。

○ “停止時”であっても、エンジン回転数を2000rpm超に保つと水温が低下

これまで水温上昇は“停止時”が問題だと考えていたのですが、どうやら“エンジン低回転時(アイドリング時)”が水温上昇の本質的課題のようです。

なお、先の作業を境に明確に水温挙動が変化したので、上記作業が直接または間接的な原因になったことは明らかだと思うのですが、どうしてこのような症状が現れているのか、その理由が全くわからないのです・・・。

というワケで、まずは水温が上がる原因について、以下の通り整理してみました。

① 熱源に関する課題=エンジンの発熱

 ①-1 : エンジンの異常発熱はないか?(異常燃焼など)

② クーラントの冷却に関する課題=ラジエター

 ②-1 : クーラントの冷却機能は正常か?(ラジエター/クーラントなど)

③ クーラントの冷却促進に関する課題=冷却ファン

 ③-1 : ファンの駆動機能は正常か?(ファンベルト/ファンモーターなど)
 ③-2 : ファンの駆動制御機能は正常か?(ファンスイッチなど)

④ クーラントの循環に関する課題=ウォーターライン

 ④-1 : クーラントの漏れはないか?
 ④-2 : クーラントの循環経路の詰まりはないか?(ラジエターなど)
 ④-3 : クーラントの循環機能は正常か?(ウォーターポンプなど)
 ④-4 : クーラントの循環制御機能は正常か?(サーモスタットなど)


一般にオーバーヒートの原因として一般的なところは③④あたりのようですが、今回は「エンジン低回転時」の問題で、エンジンがそこそこ回っていれば停止時であっても水温が低下することを考えると、少なくとも③については原因から外してもよいように思われます。

今回の件について「作業後の症状」という観点で言えば、ハイカム交換による①、ウォーターポンプ交換による④-3、サーモスタット交換による④-4が候補として挙げられます。
ただ④-3、④-4については、新品交換ということで原因とは考えにくいように思われます。

ハイカム交換については、圧縮比、バルブタイミング、燃調について全く手を加えないままのポン付け状態なので、何か燃焼異常が発生する可能性はあり得るように思われます。
もしそうだとすると、今回の症状は「エンジン低回転時」ということなので、低回転時特有の異常燃焼ということになりそうです・・・。

こんなことってあるんでしょうか?
改善策はあるのでしょうか?

もっとも、水温が上昇しても100℃前後ということで特に神経質になることもないのかもしれません(いわゆる“オーバーヒート”とは水温110℃が境と聞きますし)が、やっぱり気になる今日この頃であります。

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

カムシャフト
20080614_2.jpg


すっかりご無沙汰、放置プレイ中であります(恥)

写真は、ゴルフ3のノーマルカムシャフト。
現在我が家で眠っております・・・。

実はGW前にカムシャフトを交換しました★

オークションで入手した、シュリック(SCHRICK)のハイカムです。ハイカムのプロファイルとしてよく示されているカムの作用角については、ヤフオクでの購入ということで全く不明デス(笑)
※ ちなみにシュリックのカタログによると、268°/272°/276°/288°/304°/320°というラインナップがあるようです。

・・・以前にもブログに書いたことがあるのですが、ウチのクルマ、最大出力が88PS、さらに最大トルクが14.5kg・m/2500rpmというまるでディーゼルのような低回転型エンジン。なので2000~2500rpmでは妙にトルクフルで、街乗りで意味なくアクセルを踏んじゃったりしてしまう一方、高速道路やワインディングなど3000rpmを越えるような場面では全然回らない、そんなちょっと残念なエンジン特性でありました。

というワケで、もうすこし“踏みたい場面でちゃんと回る”特性になればと思いハイカム導入に踏み切ったのです。

ハイカムについては、コチラにわかりやすい説明があります。

カムシャフト交換自体は、どちらかというと“性能アップ”というよりは“特性の調整”という色合いが強いパーツのようですね。カムシャフト交換では低回転トルクと高回転トルク(パワー)がトレードオフの関係にあり、そしてパワーを得る場合は、あわせて燃費の犠牲が伴うようです。というワケで、一般的にはカムシャフト交換とあわせて、さまざまなチューニングメニューが用意されているようです。

① 特性調整を最適化する
 ・ヘッドOH
 ・スライドプーリーなど

② 変化した特性に対応する
 ・強化バルブスプリング

③ 得られる効果を最大化する
 ・エキゾーストマニホールド(タコ足)交換
 ・ポート研磨
 ・CPU交換 など

④ 犠牲になるものを補う (圧縮比アップによるトルク向上)
 ・ハイコンプピストン
 ・ヘッド面研
 ・メタルガスケット など


そういう意味では、本来はCOXSZ tuningのようなメニューを導入するのが望ましいと思うのですが、今回はお手軽にハイカム単体をポン付けしてしまいました。

で、インプレッション。

確かにトルクピークを示す回転数が移動したように感じられます。

これまで2500rpm付近がピークであったものが3500rpm付近に変わったように感じられます。なので、2車線ともクルマの流れがある高速道路で走行車線から追越車線に飛び込むような場面ではいくぶん余裕ができたように感じられ、またワインディングでも頻繁にシフトチェンジをしながらの走りが若干楽しくなったように感じられます。ただ最大トルク自体の向上はそれほど感じられず、この点についてはやはり“特性の変更”の域を超えないのかなぁとも思いました。

低速域でのトルクの痩せは、問題になるレヴェルではありませんでした。若干のパラつきはあるもののアイドリングも問題なく、発進時にエンストなどというコトもありません。2500rpm付近のトルク感が失われて、かえってマイペースで街乗りができるようになって好感触です(笑)

燃費については、高速道路中心であったGW中の平均燃費が14km/ℓ弱ということで「全然問題ないじゃん」などと喜んでいたのですが、一般道中心の走行時に燃費を計算したらなんと9km/ℓを割ってしまいました(以前は常に12km/ℓ程度を維持していたのに・・・) ガソリン高騰の折、コレは非常に痛い代償、軽く後悔気味であります・・・。

あとハイカムに交換してから、なぜかアイドリング時などに水温が以前より10℃ほど高くなってしまいました。 アイドリング中に水温が100℃をちょっと超えてしまうことが多くなりかなり精神衛生上良くない感じ。ただ、ハイカム交換との因果関係もよくわからないので、目下原因究明中であります・・・(どなたかアドヴァイスがあれば是非)

ハイカムに交換して3000km弱、交換直後から普通に上まで回してしまっていましたが、よく考えたら慣らしが必要だったのでは・・・などと今ごろ気付いてしまいました(泣) 今回は、ウォーターポンプ交換の作業があったのでそれにあわせてバタバタと装着に踏み切ってしまいましたが、ちょっと勉強不足だったなぁかなぁ・・・。

以上、ちょっと微妙なハイカム装着記でした♪

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

ウォーターポンプ初期不良
20080525_1.jpg


昨年末に異音のため交換したウォーターポンプなのですが、実は先月再度交換してしまいました・・・。

前回交換したウォーターポンプは、純正ではなくOEM品。
交換してほどなくウォーターポンプからの水漏れが見られるようになり、経過観察していると1ヶ月程度でクーラントのリザーバタンクの液量レヴェルで視認可能な程度に水漏れが進行していたため、再度の交換作業となったワケです。
(写真は装着後ほどなく御役御免となってしまった初期不良品)

20080525_2.jpg

主治医によると、どうも赤丸の部分からクーラントが漏れていたようです。

今回使用したのがOEM品というコトで“こりゃ自己責任かなぁ”と途方に暮れていたのですが、ダメモトで購入したパーツ屋さんに相談してみると、なんと無償で返品・交換に応じてくれるとのこと。というわけで無事、良品と交換することができました(感謝)

OEM品というと「安かろう、悪かろう」というイメージを連想しがちですが、キチンとしたお店で入手するパーツであればOEM品でもそのような心配をする必要もなさそうです。なお以前お伺いしたところによると、今回お世話になったパーツ屋サンの場合、取り扱う商品はそのクオリティなどもキチンと見極めながら厳選しているようです(最近はクオリティの低い中国製品が氾濫していて、キチンとした商品の見極めに気を使うと嘆いていらっしゃいました・・・)

ちなみにウォーターポンプの場合、純正品よりOEM品のほうが良いと言われるコトがあるようです。また、ゴルフ4などの場合は純正品だと、ウォーターポンプ機能の要である水車の部分はプラスティックでできているそうで、この水車がバカになって空回りしたりバラバラに破壊されてしまうコトがあるようです。(ゴルフ3はどうなんでしょうね)

20080525_3.jpg

ちなみにこのOEM品は金属製でした♪

交換後、GWの2000kmドライヴ含め1ヶ月強ですが、問題なく動作しているように見受けられます(安心)

これからもOEMパーツのお世話になりながら延命措置を施していきたいと思います♪

20080525_4.jpg

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

 | HOME | 次のページへ»

V-DUB Xtreme

ads

Check it out!







Search!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。