スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

USサイドマーカーって車検通るの?
20060411235540.jpg

クルマを北米仕様にモディファイして楽しむUSDM(US domestic modify)、やっぱり最もキャッチーなのがUSサイドマーカー。

以前にも一度ブログのネタしたことがあったのですが、気になっていたのが“日本仕様のウィンカーを潰してUSサイドマーカー入れて、車検は大丈夫なのか?”ということ。

この疑問に『GTIなブログ』のYukiサンが答えてくれています。灯火類の車検対応・非対応について親切に解説してくれています(勉強になりました!)

・・・・・・ところでウチのクルマ、灯火類は漏れなくツルシ。イマドキこんなゴルフ3、天然記念物モノです(笑)

スポンサーサイト

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

USDMちっく(笑)
先週は体調を崩してしまい、ブログはご無沙汰になってしまいました。1週間ぶりともなると、なかなか筆が進まないものです・・・・・・。ということで、今回はリハビリがてら簡単に。

単なる思い付き2連発、題して “代用品でUSDMちっくなモディファイを”。

① ビッグバンパー

北米仕様のGolfは本国仕様に比べ大振りなバンパーがついていますが、実は兄弟車Ventoのバンパーも、Golfよりすこし大きいような気がします。
中古のVentoのバンパー買ってきて、正面のナンバー取付部をちょっとスムージングすれば、形状は違うもののちょっと北米チックなヴィジュアルに近づくんじゃないかと(ポン付けできるかどうかは問題ですが)。中古のVentoとかが転がってたら、やってみる価値アリかも(笑)。

② リアのナンバーポケット

北米仕様のGolfのRゲートのナンバーポケットは専用形状になっていて、普通のUSナンバーがすっぽり入るようになっています。日本仕様のナンバーポケットはドイツ本国仕様の流用と思われますが、カブリオレに関しては、USっぽいナンバーポケットになってます。ということで、中古のカブリオレのRゲート買ってきて、ナンバーポケット周りの板金を切り出してハッチバックのゲートに溶接すれはちょっとUSDMちっく!? しかしそんなことするくらいなら本国のゲート買って来たほうが安そうですね(笑)

以上、“Japan ドメスティックな中古部品で作るUSDMちっく”でした・・・・・・。

追)この週末はいろいろ楽しみました。またぼちぼちブログも書き込んでいこうと思いマス。


NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

USマーカー
北米仕様のクルマの特徴のひとつに“マーカー”があります。

ちょっと興味があったので調べてみました。

FISHの部屋』というHPにサイドマーカーについての記述があります。

マーカーのポイントは以下の3点のようです。

① 前方(オレンジ)、後方(レッド)1セットで両サイドに設置。
② スモールランプと連動して点灯
(または反射)
③ 点滅しない(USではサイドウィンカーは不要らしい)

US仕様の“マーカー”は日本の“ウィンカー”とは違うもののようです・・・・・・。

ところで、実は日本の道路運送車両の保安基準(第三十五条の二)に、マーカーも「側方灯」として(ウィンカーは「方向指示器」)、ちゃんと規定されているようです(大型車に対する基準のようですが・・・・・・)。『日本の道』というHPに保安基準がまるっと載ってます(しかし難解・・・・・・)。

・・・・・・Golf3でコレ気取るためには、まず前のマーカーをバンパー側方に埋め込み、その代わりにフェンダーに設置されているウィンカーをスムージングして、ウィンカー機能をマーカーに兼用させるよう加工しなければならないようです。リアはコンビネーションランプに内蔵されているっぽいので、北米仕様のものと交換すればOKでしょう(これが自光タイプか反射タイプなのかはよくわかりませんが・・・・・・)

気になる点としては“ウィンカーをバンパー脇に移動しても良いのか?”という問題がありますが、これについては、『仙人's フォトあいらんど』というHPでサイドウィンカーの保安基準についての解説があります。非常に難解ですが、場所の移設はそれほど問題なさそうな感じっぽいですよね。

それにしても、フェンダーのスムージングは正直ツライです(笑)。マーカーについては、サイドダクト開けたくなったときにでも改めて考えマス☆


NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

USDM!
all my favorites!』のなかで、「VW in US」ということでアメリカを走るフォルクスワーゲンが紹介されています。もちろんGolf3もフィーチュアされているのですが、これがとてもカッコいいのです・・・・・・。

モディファイの分野に“USDM”というのがあります。US Domestic Market(Modify)の略で、要は“北米仕様に改造する”ということのようです。Golf3の場合、北米仕様はどこが違うのか写真を眺めてみることにしました。
気付いた点は、

① 前後バンパーが大きい。
② Fバンパーがスムージングされている(ナンバー取付部分の造形がない)
③ リップスポイラーの形状が違う。
④ Fバンパー脇にマーカーがついている。
⑤ Fフェンダーがスムージングされている(ウィンカーがない)
⑥ RゲートのナンバーポケットがUSナンバー専用になっている。
⑦ リアのエンブレムが違う(GLの場合Golfのロゴが左側)

といったところでしょうか?

とりあえずウチのクルマもUSリップだけはつけてます(笑)
あと、この写真のシャンパンゴールドもUSっぽくていいですねぇ。

ちなみに『Days of the A3 Jetta GLX』というHPでもVentoと北米仕様(Jetta)の違いを比較しています。北米仕様って案外奥が深そうです・・・・・・。


NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

 | HOME | 

V-DUB Xtreme

ads

Check it out!







Search!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。