スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

DAISO Tuning Project stage-2 ~ 製作
今日は『DAISO Tuning Project stage-2』の作り方。

『~ stage-2』は、粉末にしたトルマリンを『虫ヨラズ』(銅製のリボン:長さ60cm)でパックして、それをインテークパイプに巻きつけただけのものです。
ちなみにGolf3のABSエンジンの場合はインテークパイプの円周は約21cm(直径約7cm)。ということで今回は『虫ヨラズ』を三ッ折にして、その間にトルマリンを挟むことにしました。
では製作工程を・・・・・・。

① トルマリン原石の粉砕
ダイソーで販売されているトルマリンは石ころです。これをハンマーで粉砕します。ハンマーで叩くときは、原石をタオルでくるんでコンクリートの上に置いて叩くと原石が飛散せずに細かく粉砕することができます。
【point】どうもトルマリンの効果は 、体積や表面積ではなく“粒の数” に依存するようです。というわけで、 トルマリン原石はかなり細かく粉砕して粒の数を増やしてみました(指先で一粒がわからなくなるくらいに)。

② 『虫ヨラズ』でポケット
『虫ヨラズ』を三ッ折にして、長さ方向の左右をアルミテープで止めました(ホントは銅箔テープがよかったのですが)。これでポケットが2つできました(ポケットの口は上下ですが・・・・・・)

③ ポケットへのトルマリン粉末流し込み
2つのポケットにトルマリン粉末を半分づつ流し込み、アルミテープで口を止めます。
【point】人によってはトルマリンを銅板に接着する場合もあるようですが、私はポケットに流し込むだけにしました。この理由は2つ。(1)トルマリンと銅板の間に不純物を介在させたくなかったので。(2)トルマリンは摩擦によって効果が促進されるらしいので。振動で粉末同士がうまく摩擦してくれればいいなと。

④ 成型
できたバンド状のモノを茶筒に巻いて成型しました。
⑤ 装着
作ったものを、インテークパイプに固定して出来上がり。
【point】固定にはタイラップではなくホースバンドを使用してかなりキツく固定しました。なんでもトルマリンは圧力によって効果が促進されるらしいので。

こんな感じで作ったstage-2。いろいろ自分なりに工夫してみたんですが思いのほか効果が体感できて、努力が報われました、って感じデス☆

・・・・・・これにて『DAISO Tuning Project stage-2』完結です。さて、stage-3はどうしましょうか(笑)


スポンサーサイト

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

DAISO Tuning Project ~ お買い物
DAISO Tuning Project、stage-2』に必須の材料がありました。

それは『虫ヨラズ』。

銅でできたリボンなのですが、これがなかなか入手できずにいました。近所の700坪のダイソーにも在庫が無く、もう廃番になってしまったのかとあきらめていたのですが・・・・・・。

ありました、『虫ヨラズ』! R16沿いのダイソーに山ほど在庫していました。

ということで、stage-2製作に必要な材料をまとめて購入してしまいました。
購入したのは、

● 虫ヨラズ
● トルマリン原石
● ステンレス製パイプバンド(10cm)
● アルミテープ

1セット400円ナリ。在庫があったのがうれしくて、つい2セット分購入してしまいました。そして、材料が揃った日の夜、イッキに作りあげてしまったのでした・・・・・・。<続く>


NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

DTP stage-2 施工写真
ホントにパイプに巻いてあるだけなんです。しかも材料費¥400。コレで効果があるなんて冗談みたいですねぇ・・・・・・。


NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

お金で買えない価値がある。買えるモノはダイソーで
わーわー騒いでおります“DAISO Tuning Project”ですが、とりあえずインプレでも書いておこうかと思います・・・・・・。

DAISO Tuning Project stage-1  ¥200
これをインストールして感じたのが、2000rpm周辺のトルクアップ。街乗りでの出足が明らかに鋭くなったように感じました(アクセルをちょっと踏むだけでググッと加速するカンジ!? ) ただ、ウチのエンジンは2500rpm付近にトルクのピークがきているのですが、そのトルク特性自体はDTPインストール後も変わりませんでした。ピーク前のトルクが向上した分、回したときのトルクの頭打ち感はより大きく、“街乗りでは必要以上に元気だけど踏んだら萎え萎え”みたいな微妙なフィーリングでした・・・・・・。

① DAISO Tuning Project stage-2 ¥400
これは、ダイソーチューンでは一般的な、銅を併用したインテークパイプへのインストールです。このstage-2の感想は、“トルク特性がフラットになったのでは!?”。低回転から3000rpm強まで気持ちよくトルクが出ている感じです。ワインディングでも、これまでなら“踏んでも唸ってるだけ”って印象だった登りを気持ちよく駆け上がっていく、そんな感じなのです。これはかなりの驚きと感動です。普通のときは普通に、踏んだときはそれなりに、という特性を手に入れることができたような気がしています・・・・・・。

マイナスイオンなんていうものは科学的な根拠も定かではなく、その意味でその存在は“光合●菌”に近いモノがあります。しかし、ワタシ的には得も言われぬ満足感を味わうことができました! こんな人間がいるから怪しげな新興宗教がこの世から一向に無くならないのでしょう、我ながらオメデタイ奴だと思います(笑)


NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

トルマリンでいくドライヴ
先週の日曜日は、我が家の定番ドライヴコースを楽しんできました。

写真は山中湖での1枚です・・・・・・。
このドライヴで驚いたこと、それは “DAISO TUNING PROJECT”の威力!
実はこのドライヴ出発前に“DAISO TUNING PROJECT"を"stage-I"から"stage-II"にステージアップしてたのです。

正直に言って、トルマリンってマジでヤバイです!

詳細はまた追って・・・・・・。(明日は朝から厚木方面に行くのでもう寝ます(笑))


NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

DAISO tuning project ~ 実走
エアクリにトルマリンを仕掛けた「DAISO tuning project stage-1
実際に乗ってみた感想をすこしだけ・・・・・・。
まずは夕方、国道246号線を横浜から小田原方面へ。けっこう渋滞していました。そして効果は、・・・・・・全く体感ナシ。

次は夜、東名高速を大井松田ICから。ガラガラの高速道路、なんだかとっても調子がいい気がするのです。ついついいつもより+30km/hくらい余計に出てしまったりして(いつもが遅すぎるって話なんですけどね)。しかも、ココロなしか静かになったような気までします・・・・・・。

今日改めて近所を乗ってみたのですが、どうも2速以降の2000rpm前後の加速がとても気持ちよくなったようなのです。ウチのGolfのエアクリは、吸気口がバンパー下から突き出ていて、走り出すとインテークに正圧が掛かるようになっています。ということで、クルマの速度が出てくると、エンジン回転数と向かい風による正圧の関係でトルマリン貼付箇所周辺の空気の流れがイイ感じになる時があるのではないかなぁ、と勝手に解釈しています。

ヒトはこういうのをプラセボ効果(偽薬効果)というのかもしれませんけどね(笑)。
モチロン大満足、“stage-2”もチャレンジ確定です!

追)土曜日は、“VWA TUNING D.N.C”の焼肉会に行ってきました。ホントにたのしい(オモシロイ!?)集まりで、いつもあっという間に時間が過ぎてしまいます。今回は、台風来たら延期か?ッて感じだったので、参加できてよかったデス。


NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

 | HOME | 次のページへ»

V-DUB Xtreme

ads

Check it out!







Search!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。