スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

LM703 195/40R17
20080913_1.jpg

GWの思わぬトラブルで前輪のタイヤ2輪を交換したのですが、その後ほどなく後輪も交換しました。

【交換前】 DUNLOP LE MANS 702 - 205/40R17
【交換後】 DUNLOP LE MANS 703 - 195/40R17

同シリーズの後継モデル、タイヤ幅が1cm狭いサイズへの変更です。

----------------------------------------------------------------

購入はタイヤ&ホイール館フジ スペシャルブランド横浜店
(↓商品ページへのリンクです)



100万超のタイヤ・ホイールセットを筆頭に多くの商品が並ぶ高級感溢れる店舗とは裏腹に、価格は有名カー用品量販店より数千円/本も安い、なんともお得感の高いショップであります。

----------------------------------------------------------------

そして交換してからのインプレッション。

① タイヤのフェンダー干渉が劇的に減少
これまでもフェンダーツメ折りなどで対策をしていたのですが、今回のタイヤ交換で高速道路での干渉が、バンプ時含めほとんど皆無となりました。タイヤ幅1cmの差は偉大です。

② ロードノイズが激減
同シリーズ後継へ、しかも比較的低価格なルマンというコトで何も期待していなかったのですが、タイヤを交換してすぐ夫婦揃って「すごく静か」と。まるで高級車に乗り換えたかのような激変ぶりです。車内に響くのはエンジン音とマフラー音だけ、これまで意外とタイヤがノイズを発していたんだなぁと改めて認識した次第であります・・・。

LM703はタイヤの内側に「特殊吸音スポンジ」なるものが貼られていて、これがイイ仕事しているようデス♪
20080913_2.jpg

特に17インチ履きのゴルフ3乗りな皆サマにはオススメの一品デス★

----------------------------------------------------------------

・・・そんなご機嫌も束の間、タイヤ交換から2週間ほどでまたトラブルに見舞われます。
川崎の扇島に動画撮影に行った帰りのコトです・・・。

パンクです。

軽量化を気取ってテンパー下ろしてパンク修理剤を積んでいたのですが、よくよく説明書を読んでみると、

○ 使用前にパンクの原因となるものを取り除くこと
○ タイヤの接地面以外の穴・サイド面の穴には効果がない

とのコト・・・。

すでに陽も落ちパンク原因の特定・原因除去も難しそうだった(っていうかメンドクサかった)ので、保険屋さんに積車呼んでもらってスーパーオートバックスかわさきに。

どうやら金属製の棒が刺さっていたようで、とりあえずパンク修理にて対応・・・。

↓刺さっていた異物
20080913_5.jpg

ただ修理担当の方から「いちおう直しましたが、異物がナナメに刺さっていたのでちゃんと修理できているかわかりません。タイヤ交換をオススメします」との忠告(泣)

そんなコトを言われると、内側に貼ってある特殊吸音スポンジにも何か影響があるのではなどという不安もよぎります。

というコトで再度フジさんにてタイヤ交換(大泣)

----------------------------------------------------------------

・・・取り付け後100kmそこそこでお役御免となったLM703を観察。

↓ココがパンク修理部分。
20080913_3.jpg

↓修理部分をウラから
20080913_4.jpg

当初「異物が刺さって、スポンジが大きく剥離したりしていないのだろうか」との不安もありましたが、意外と普通に直っているように見受けられます。コレだったら交換の必要なかったかなぁ・・・。

----------------------------------------------------------------

まぁ、今は不安もなく極めて快調なのでヨシとしましょう。
LM703、ステキです★


※ こんなトラブルの代償として編集されたのが、先日の『CLi Kawasaki』であります(苦笑)

↓ヨメ版(奇しくもパンクした右リア大フィーチュア)
スポンサーサイト

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

スタビライザー♪
20080309_1.jpg


もう去年の話になりますが、年末にスタビライザーを装着しました★
コレ、最高デス。

車体のロールを抑制するスタビライザー、いろんな情報を観てみても(例えばこのビデオとか)、見るからに良さげなパーツです★

ところでウチのゴルフ、リアにはそもそもスタビが装着されていません(ゴルフ3でもGLi以上には標準装備なのですが・・・) ちなみにウチのクルマのサスペンション形状は“トーションビーム式トレーリングアーム”。

トーションビーム式サスペンション
前輪駆動(FF)車の後輪に用いられ、左右のトレーリングアームやリンクが、「ねじれ」(トーション)を許容する「横梁」(クロスビーム)でつながれている。左右の車輪はある程度個別に上下動(ストローク)でき、車軸懸架と独立懸架の中間的な存在。クロスビームがトーションバーとして働き、スタビライザーと同様の効果が得られる。


そもそもサスペンション構造的にスタビライザー機能をを持つ、半分リジッドみたいな足回りにスタビライザーなど必要なものかという気もしていました(実際COXでも当初はフロントスタビのみのリリースだったとか) というワケでスタビ装着に二の足を踏んでいたのですが、『all about my favorites!』のohnukiiサンのインプレ( / )を観て、やっぱり欲しくなっちゃいました(論より証拠♪)


20080309_2.jpg


というワケで、たまたまヤフオクで見つけたCOXスタビライザーを前後セットで落札(ホントはストラットタワーバーを探してたんですが(笑))

COXのスタビは、中空スタビで有名なarcのOEM製品だそうなのですが、COXとarcオリジナルではスタビ形状も若干違うようデス(形状比較写真はコチラ

せっかく装着するなら目立つ色がイイなぁと、イサム塗料のエアーウレタンで白く塗装♪ スプレー缶1缶で塗ったのですが、さすがにスタビ2本塗るにはちょっと足りない感じ。“最後に垂れる寸前の厚塗りでユズ肌に”なんて工程に入るまえに弾切れ、ミストだらけの不本意な仕上がりになってしまいました(涙) スタビって白く塗るとまさに物干し竿のようなヴィジュアルです(笑)

塗装したスタビは、主治医のトコロで装着していただきました。なかなか作業は難儀したようなご様子でしたが、何とか装着できました。オークション時の商品説明で“ヴェント用”とあったので多少の不安はあったのですが、特に問題はなかったようデス(FスタビはGLi/CLi用とGTI/VR6用でリンクの構造が違って互換性は無いようですが)

・・・そして肝心のインプレッション。コレすごいデス、乗り味激変デス。この変化は単なる“ロールの減少”という言葉だけでは片付けられない大きな変化であります。コーナーではまさにオンザレール、FF車がライトウェイトなFR車に変化したような感じデス。ワインディングでは面白いようにクイクイ曲がっていきますし、高速道路上でもワタシの速度域ではコーナーもストレートと同じ感覚で踏んでいけます(逆に言えば、スタビ装着前は高速のコーナーでもかなり不安定感が拭えなかったワケですが(苦笑)) そして、おまけですがロールが減少したおかげか、タイヤのフェンダーへの干渉もちょっと軽減されたような気がします♪

とにかく別のクルマになったような感動であります。これまで装着した中でも最も高い体感度を誇るパーツのひとつ、絶対オススメです★

・・・久々に長い記事書いちゃいました♪

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

車高のシミュレーション
ウチのクルマがケツ上がりって件、じゃあどれくらい落とそうかってコトでちょっとシミュレーションしてみました。
20060614224237.jpg

車高調交換の際にはいい加減な車高オーダーをしてしまったので、今度こそはキチンと要件を固めなければと思い、ちょっと気合入れてみました・・・・・・。

画像をマジマジと見て初めて気付いたのですが、ゴルフ3ってサイドモール基準で水平を取ろうと思うととんでもないコトになるんですね。ウチの場合、リアの車高を6cm以上落とさないと水平にならないんです(驚) ゴルフは前傾姿勢が基本のスタイルなんですねぇ~。

ってコトで、やっぱり適当に決めるしかないんですね(笑)クリアランスの問題なんかも考えると、やっぱり15mmDOWNくらいが落としどころかなぁなんて思ってマス★ (干渉しませんように・・・・・・)

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

車高調OHのインプレッション
qqq.jpg


先週バタバタしてたのもあって体調を崩してしまい、昨日は会社をお休みしてしまいました(恥) というワケで今日もジムはお休みです・・・・・・。

・・・・・・そんなハナシはさておき、先週バネ換えて車高調OHしましたのでそのインプレッションでも・・・・・・。

ちなみにショックも最初は慣らしをしたほうが良いようなので、ソロソロっと走っただけデス(笑)

Q ショックの慣らしは、何キロぐらい走ればいいですか?

A ショックアブソーバーの慣らしですが、新車のエンジンのように長い時間は必要ありません。新品時にサーキット走行など急激な動きををしないようにしていただければ結構ですし、本来なら50km程度走行後、増し締めとオイル漏れなどの確認をしていただければ十分です。

① 乗り心地
この辺はショックよりもバネが効く内容かと思いますが、イイ感じです。前柔後硬(F6→5k,R3→4k)になったワケですが、ヨメも「乗り心地良くなったんじゃない?」との評価(嬉) あと、細かい凹凸でも“バウンド”って感触が全く無くなってます。ショックがキレイに吸収されてるんですね~、ショックが生き返った効果ですね~。

② ハンドリング
コレがイイ感じなんです! 軽くワインディングを走ってみると、まさに“劇的ビフォーアフター” コーナーで軽いアクセルオフで曲げてあげるとクイッとノーズが入っていって、アクセルオンで気持ちよくコーナーを駆けていきます。“運転が上手になったんじゃ!?”と錯覚しそうです(笑) アライメント調整の効果もあるかもしれませんが、やっぱりウマく前荷重をかけられるショックアブソーバーの効果が大きいかと。足回り、やっぱりショックが命デス★

③ 車高
今回「フロントはチャンと走れるレヴェルで低く、リアはクルマが水平になるように」というテキトウなオーダーで作業をお願いしてしまったところ、上の写真のような車高になりました。フロントは作業前に比べ10mmほどダウンしました。で、リアはというと、ちょっとケツ上がり? まぁ“水平って?”というのも実に曖昧な表現で、今回のセッテイングもルーフラインを基準にすればチャンと水平。難しいですね~(笑) しかしこの件についてDee-Markサンに相談すると「調整しますよ」とのお言葉(アリガトウゴザイマス) また後日調整にお伺いできればと思っています。 ちなみにフロント10mmダウンながらフェンダーとの干渉も全くナシ、コチラも快適そのものでゴザイマス♪

今回の車高調OH、なかなか値は張りましたが大成功っぽいデス★

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

車高調オーバーホール(OH)
arc.jpg

“もっと下げたい!”足回りモディファイ計画、というコトで先日バネを買ったんですが、「せっかくバネ交換で足回りバラすんだったら車高調も」ってコトで車高調のオーバーホールを敢行致しました★

・・・・・・「デモカーに着けてて1万kmそこそこしか走ってないから」といわれて購入した中古の車高調、気付けば装着して3年強、3万kmも使ってしまいました。ショックアブソーバーも消耗品、4万kmも使えばもうヌケヌケなはず。学生の頃、先輩から「クルマ買ってきたら、とりあえずショックとブレーキパッドとデフ(LSD)を入れなきゃ」と教えられたワタシとしては、走りの3種の神器のひとつであるショックアブソーバーを疎かにするわけにはいきませんでした・・・・・・。

ココでひとつ問題が。ウチの車高調(arc climax-1)はオーバーホールが可能なのですが、オーバーホールには車高調をクルマから外して1週間以上メーカーに預けなければいけません(メーカーではクルマ込みでは預かってくれない模様) DIYで車高調交換なんてアリエナイ私にとってコレは高いハードルです。なぜなら、車高調外して1週間以上もウマにかけたままクルマを預かってもらえるショップなんてなかなかないでしょうし(邪魔!)、かといってOH中はノーマルに替えてなんてやってたら1回3,4万もする工賃が2回分発生してしまいます(新品の車高調が買えちゃう!?)

というワケで、メーカーのオートリファインに泣きの電話を入れてみたら「代品入れ替えというカタチならいかがですか?」との提案が。端的に言えば「リビルド品が現状下取ならOHと同料金で」という方法、メーカーに入ってくる同型の車高調をワタシ用にOHしてソレを送ってもらい、その代わりに今付けている古い車高調をメーカーに返送するという流れで、コレならOHと全く同じ料金でやってくれるとのコト。コレなら普通に“現状→リビルド品”の交換作業1回でOH作業が完了するワケです。もっともこの方法は“メーカーに代品があれば”という前提付きのサービスなワケですが、そこは“代品出るまで待ちましょう”、早速OHを決意いたしました。

お願いするショップは、arcの車高調を『D's Racing』というブランドでオリジナルスペックでリリースもしている『Dee-Mark』に。(工賃もリーズナブルですし、機能系部品の交換はコチラでお願いするコトが多いデス) 今回もいろいろとお世話になりました。

OHというコトで仕様もいろいろ変更するコトができるわけですが、ソコはなんだかよくワカラナイ部分でもあるので、基本Dee-Markサンにすべておまかせしてしまいました。

① 減衰力
今回スプリングのレートを【F】6K→5K 【R】3K→4Kと変更したワケですが、Dee-Markサンに聞けは「まぁ減衰力は変えなくてもいいんじゃない?」というコトで、特に変更しないコトとしました。

② ショートストローク加工(伸び側)
arcのOHメニューには、車高を落としすぎたときに起きる“バネの遊び”を防ぐためにショックのストロークを制限する「ショートストローク加工」というモノが用意されているようです。コレにはいくつか種類があるようで、例えばショックのケースやロッドをカットするような方法であれば低車高化によるショックのストローク不足も改善してくれる(底ヅキを改善してくれる)ようなのですが、残念ながらarcの加工はこういう類のモノではないようです・・・・・・。

あまりうまく理解できていないのですが、ショックは伸び側にもバンプラバーのようなモノが仕込まれていて、コレを長いモノに替えるとショックの伸びが制限されるという加工のようデス。なので、この方法ではショートストローク加工しても縮み側のストローク自体は全く変わらないそうです(残念) しかしまぁ、スプリングが遊びすぎるのも精神衛生上よろしくないので、この加工はお願いするコトになりました(あとジャッキアップも楽になりそう(笑))

・・・・・・というメニューでお願いしたのがGW前。その後“代品”が出てくるまで1ヵ月ほど待って、そしてついに先週、OHされた代品と交換となったワケです。

・・・・・・残念ながら交換作業はノーチェックです・・・・・・。

組みあがった車高調、第一印象は「キレイ」。中古とはいえ、丁寧にクリーニングされていて見た目もしっかりリフレッシュしたって感じデス★ そしてモチロン、機能的にはOHされて新品同様でございます。

あともうひとつの感動は「ねじ山の余裕がまだまだある!」 バネを短くしたのが功奏し、前後ともお皿をイチバン下まで下げていたのが、OH後はフロントで約5cm、リアで約2cmの余裕ができました(これでまだまだ下げられますね♪) そしてさらに副次的効果が! これまでの懸念事項であった「ホイールと車高調のクリアランスがほとんどない」という問題も、車高調のお皿の位置が変わったことで、結果として解決してしまいました(ラッキー)というわけで、フロントにはほんのりキャンバーまでつけてもらっちゃいました(まぁ、見た目ハの字ってほどじゃないですが・・・)

ともあれ、なかなかイイ感じ尽くめな足回りのリフレッシュでございました。で、実際のインプレッションetc.はまた後日書きたいと思います。

追)・・・・・・最近更新頻度が少なく1回の記事が意味も無く長い。良くない傾向ですね(反省)

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

バネ買っちゃいました★
現在盛り上がり中の足回りネタ、改めて記事にしようとするとなんだか気後れして、どうもブログとも御無沙汰気味でした。
swift.jpg


ヤフオクでバネ買いました!

【前】ID60 バネレート5kgf/mm 自由長 8inch(203mm) 中古 9,521円
【後】ID60 バネレート4kgf/mm 自由長10inch(254mm) 新品10,450円


バネレートは『VW-complete』のインプレッション読んで、なんとなく決めてしまいました(笑)

ポイントは“今の車高調についてるバネより自由長の短いモノを”。前後ともツルシより5cm短いバネ、ちなみにSWIFT(東京発条)製デス★

バネのメーカーで候補に上げていたのがSWIFTとEibach(アイバッハ) 「Swiftはバネが軽いからイイ」とか「Eibachは線径が太くて巻き数も多いから乗り心地が良い」とかいろんな評判を見るのですが、実際のところはどうなんでしょうねぇ~。

【参考資料①】コイルスプリングのスペックについてのひとこと
なんとなく感覚的に納得、という内容。わかりやすい。『I.WORKS』の「ひとことメモ」というなかのひとつ。

【参考資料②】スプリング長
かなり理詰めで議論されています。読み甲斐アリ。『Garage502's Diary』というブログの1ページ。

【参考資料③】ばね定数
“フックの法則F=-kxが成り立つのはxが比較的小さい場合である”、って習ったのは高校で? そんなに難しいハナシでもないのカモ。 『須山スプリング製作所』の「スプリング(バネ、ばね)用語・解説」より。

まぁ、Swiftは直巻バネの代名詞とばかりにいろんなトコロで目にするので、結局ノリでこのバネに決めてしまいました。どう?

NANKANG,FEDERAL,NITTO and more...タイヤ通販 AUTOWAY

 | HOME | 次のページへ»

V-DUB Xtreme

ads

Check it out!







Search!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。